カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

美味しいご飯の炊き方

☆美味しいご飯の炊き方☆


「ご飯」の炊き方と下準備
美味しい米、高性能の炊飯器が家庭でも手に入る様になりました今、ご飯の美味しいさは、炊く前の準備にかかっています。
美味しい銀シャリの炊き方を伝授します。

*出来るだけ美味しい水を使うことが重要です。

1.計量はきっちりと
●水加減を間違わない為に、きっちり計って下さい。

計量カップで米を計ります。

2.米の研ぎ方
●計量した米は、研ぐ前に必ず洗います。

これは米の表面に付いた糠や油などの臭いを、研いでいる間に米粒が吸わない様に洗い流すのが目的です。

特に古米になれば臭いを吸収しやすいなので、この作業は重要です。

●水をはった容器に、米を一気に入れます。
注意!米が最初に水に触れると臭いをすぐに吸収して下さい。
容器に米を入れてから、蛇口から水を入れると水が溜まる間に米が臭いを吸収するので、必ず水を先にはりましょう。
すぐに手でざっとかきまぜる。
米の表面についた糠や、油が水に浮いてきます。そして、濁った水はすぐに捨てて下さい。
スピードが肝心です。ひと息に行いましょう!

3.研ぎ
●下準備の中で、最も重要な作業は⇒「研ぎ」です。
米粒と米粒とをすり合わせ、アリウロン層の残留物を取り除くのが目的です。
食べる時期の米に合った研ぎ方、研ぎの回数の目安があるので、参考にして下さい。


◎新米の場合→手指を立て、力を入れずに円を描く様に軽く研ぎます。

★11月~4月の米は、上の手法で3~4回研ぎ、すすぎ2回が目安です。

★9月~10月の米は、3~4回軽く水洗いし、すすぎは1回程度で良いです。

◎古米の場合→古米臭が残らない様に、米同士をすり合わせる様に、手の付け根でギュッと押して研ぎます。

★4月~8月の米は、上の手法で3~4回研ぎ、すすぎ2回が目安です。

★8月以降新米が出るまでは、臭いが消えるまで研ぎましょう。


4.すすぎ
●米に合わせて研ぎを行ったら、研ぎは終了です。最後に水を入れて、軽く混ぜて余分な濁りだけを流す「すすぎ」をします。回数は前述の通りです。


5.浸水
●研ぎ、すすぎをすませたらそのまま「浸水」作業に移ります。
浸水時間は新米で40分~1時間。古米は1時間は浸水してください。
春~夏場は、冷水に浸けて米を冷やすと美味しいご飯になります。
  
又、あまりお奨めできませんですが、時間がなくて急いで炊く場合はぬるま湯で炊いてください。


6.水切り
●米に余分な水けがあると、水加減が正確にできません。
水を充分に吸った米はザルにあげて、10回程度ザルを上下させて余分な水けをきるだけで充分です。
(注意)ザル上げして、放置しておくと米が乾燥し割れてしまいます。(粒の壊れた、ベチァなご飯になってしまう)また、変色米になることもありますので気を付けて下さい。

ザル上げの目的は、余分な水けをきることにあります。お店屋さんで5の工程を飛ばし30分程度ザル上げして上手く炊けないという場合をよく見ます。気を付けましょう。


7.水加減
●6までの作業をきちんと行えば、好みの硬さに炊き分けることが出来ます。


8.炊飯
炊飯器でしたらボタンを押すだけです。

ページトップへ